敦賀市立図書館

沿革

  • 明治42年 9月 敦賀町奨学会、私立敦賀文庫を晴明に設ける。
  • 昭和17年10月 奨学会より敦賀市に移籍、敦賀市立図書館になる。
  • 昭和35年 3月 曙町11-80へ移転、階下に図書館、階上に公民館を併設
  • 昭和36年 2月 公民館の移転により、独立図書館となる。
  • 昭和52年 5月 本町2丁目に新築移転
  • 昭和58年10月 移動図書館「なかよし号」開設
  • 平成 3年   8月 東洋町に開館
  • 平成18年  3月 移動図書館「なかよし号」廃止
  •       5月 粟野公民館に「図書コーナー」開設
  • 平成22年  1月 新情報システム開始
  • 平成29年  1月 新情報システム更新  

概況

  • 市民の学習、情報提供の拠点施設として、1階に一般読書コーナー、2階に児童書コーナー、3階に視聴覚コーナーを設け、隣接の生涯学習センターとともに文教地域として静かな環境の中で、連日多くの子ども達や読書愛好家が利用しています。

    また地域のサービス確立のため、学校、保育園等への定期的な図書の貸出し、ストリーテリング等のボランティア活動を推進しています。

    新たにこれまで「地域の知の拠点」としての役割が重視されてきた図書館に、「まちづくりの拠点」としての機能を加え、仕事や子育てなど市民生活の豊かさに繋がる情報発信等を行います。

    努力目標及び事業概要

  • あらゆる資料の充実を図り迅速な情報提供に努めます。また、ボランティアサークルと連携し、幅広い年齢層の読書環境づくりを目指します。

    1 教育委員会・図書館協議会で、まちづくりの拠点としての行政改革課題「図書館の在り方検討」を実施し、教育委員会で今後の基本的な方向性を示す。

    2 「生涯学習の知の拠点」として、利用者のニーズに対応した読書の環境づくりを図り、更に「まちづくりの拠点」としての機能を加えて図書館運営を図る。

     ・地域の特性を反映した郷土資料構成の推進(人道の港、港湾、エネルギー関係資料)

     ・「まちづくりの拠点」としての情報発信の推進

    3 図書館設置目的に沿った、図書館研修室の利用促進

    4 「敦賀市子ども読書活動推進計画」に沿った、図書館ボランティアの育成と連携の強化

ページの上部に戻る